別に支障はありませんよね

フェイスブックは、実名登録制度を採用していますよね。
このSNSの実名登録制度というのは、日本のインターネット文化の中では、
得意な存在でした。
日本のインターネット業界で、一番有名だったのは2ちゃんねるという匿名掲示板でした。
このイメージが強すぎて、インターネットでは匿名、という観念が染みついたのです。
2ちゃんねるは、個人情報を晒して炎上させるような事件がしばしば発生していたので、
インターネットは怖い、匿名じゃないと怖い。
という風なイメージが染みついたのです。
しかし、適切な利用をしていればインターネット上で実名を公開しても、
別に支障はありませんよね。
実名文化だろうが、匿名文化だろうが犯罪行為をしてしまったら
問題となるのは当然ですよね。
さて、フェイスブックの実名登録制度は、最初日本人にはあまり受け入れられませんでした。
実名ではなく、ニックネームで登録をする方がたくさんいたのです。
しかし、フェイスブックはこういう人に対して厳しくあたりました。
中には、アカウントが削除された人もいるようです。
このようなゴタゴタの末、とうとう実名文化は受け入れられ始めます。
みんなが実名できちんと登録をすると、便利な効用が得られ始めます。
同じ中学校や、同じ地元出身の人などと非常に繋がりやすくなったのです。
私も、フェイスブックを通して10人ほどの友人と再会して、同窓会をしました。
ただ、実名の友人ばかりですから、言えないことも増えてしまいました。
その分は、ツイッターでうっぷんを晴らしていますが。

Blog Home